では選んだパーツを説明しますね

「お願いします」


先ずは何と言ってもタイヤです
材質別ではゴム、スポンジがあります

さらにゴムの中でも形状とサイズで分かれます。
お二人が今使われているのは標準タイプです

この他、接地面をフラットにして設置面積を
稼いだ物や溝付のラジアルタイヤなんてのも有ります。
それぞれのタイヤに20°や30°といった度数が付けられており、一般に数字が小さいほどグリップ力は上がります。
今回バドじいのヴィッツ用に、フロント40°、リアに20°の標準ハイグリップタイヤをチョイスしました。

リアの方へグリップ力の強いタイヤを付けることにより、コーナリングが格段にやりやすくなります。
タルちゃんのアウディにはフロントを30°にしてみました。
これはヴィッツよりも低重心で転びにくい為、使うことが出来ます。


次はステンレスキングピンです

お二人が走行されている路面が畳ということなので
少しでも滑らかなサスペンション動作を得るために
選びました。

畳は凸凹してますからねぇ


ついでにTipsを1つ!

キングピンを替えた後に、ナックルアームの下に
ワッシャーなどを入れておくと、車高を下げる事が
出来ます。

車高を下げると転びにくくなるので、お奨めです。

但しタイヤとボディが干渉しない程度に調節して下さい。


そして最後にフロントサススプリングです。
スタビライザーの上に乗っかっているバネです。

このバネをソフトやハードに替えることにより
フロントタイヤのグリップを調節できます。

タイヤと組み合わせて、最適な物を使用します。
例えば転びやすい場合など、ハードにするのは
有効なセッティングです。



後は実際に走ってみてベストなスプリングを
 見つけだして下さい。
 ところで、お二人共電池は何をお使いですか?

ワシ等は安物のアルカリ電池を
 使っております




でしたら是非これを使って下さい


トップページ > ミニッツコミックス

2003.5.31