NICE_BODY
シボレーコルベット レビュー

オートスケールが発売になったコルベットを簡単に紹介します

ウルトラ ワイドホイール:

写真のホイールはコルベットのホイールの真ん中に
モデナのホイールを並べた物です。
上がフロント用で、下がリア用です。

特にリアはかなりワイドトレッドに設定されて
いるのが分かります。
この先一体、ミニッツのトレッドはどこまで広がって
いくのでしょうか?

ホイールナット側の穴がモデナほど大きくないため、今まで使っていたセミワイドホイールに付属のレンチが使えませんでした
レンチに関する詳細はTOOL_BOXに掲載しましたので、レンチ情報を参照して下さい。

ボトムさせるとライトパーツと干渉しますが、ボトムストッパーを
装着していれば、実使用上問題ないようです。

ライトパーツは電飾を施しやすい形状をしています。

フロントセンターのライトカバーが付属していました。
通常はつけておくと、傷やクリアパーツが外れたりするのを
防止できそうです。

カバーは簡単な差込式なので、本来は飾り用かもしれませんね

ボンネットとルーフに付いているエアインテークは珍しく
ダミーではなく穴が空いてます
ここまで来たらリアフェンダー上のインテークも穴を開けて欲しいなぁ

重たくなるのはイヤだけど、電飾の決まる1台だと思います。
飾りようになったらやってみようかな。

テスト走行:

まず思ったのが、加速の鈍さです。
タイムを測ったわけではないのですが、大柄なボディのためか重たく感じます。

その原因の一つに車高の低さがあるのかもしれません。
まるで地面にへばりつくような感じで走ります。

ステアリングの反応はワイドトレッドのためか、かなり鈍いです。
ならば特性はアンダーが酷いのかといえばそうでもなく、以外にも小回りコースを器用に駆け抜けます。
狭い低速コーナーではF1のようにパワースライドに持ち込むことも可能です。

トレッドが広がるとF1に近くなっていくのですねぇ

自宅コースのタイムを計測したところ、FDで一生懸命叩き出したタイムをいとも簡単に抜き去りました。
安定度が高いため、面白味に欠けるかもしれませんが、レースではかなりの強敵になりそうな1台です。


トップページ > NICE_BODY

2003.2.22