ZENT SC430 2008(NC_Ver) & オリジナル ポルシェ962
ダブル製作でw失敗

メッキ調スプレー
 アサヒペンのメッキ処理したような仕上がりになるメッキ調スプレーシルバー
ホームセンターで発見しました。 これはSC430の使えそう!

早速買って帰りました

W製作:
 今回はSC430とポルシェ962を
同時に製作するつもりです

とりあえず台所洗剤で洗浄乾燥後、
サーフェイサーを吹きます

メッキ調スプレーに感激:
さぁメッキ調スプレーをプシュ〜〜〜

いい〜〜〜!!
かなーーーり金属的輝きを放っています

しかも隠ぺい力が強く、軽く吹くだけで
十分な仕上がりです。

これなら重量も軽く抑えられそうです


特に小物パーツはギラギラの仕上がりで
このためだけに利用しても良さそうです


グリルパーツもいい感じです(^^)

失敗1:テープの後が
 
さてさて、乾燥後次の1色を塗装すべくマスキングです。 しかし..貼り直しなどしていて気づきました...テープの後がキッチリと残ります..これ..重ね塗りは無理.. さらに、上から吹いた塗装をはじきます..今頃ですが成分をみると「エナメル」...(;;)

現在塗装に利用しているのはラッカー..
重ねられない
この時点で予定通り成功は諦めました..

で、更に追い打ちが... 

失敗2:
上にも書きましたがマスキングは別としてもラッカー系で重ね塗りは無理

失敗3:
プラ板で試したところ、メッキ調スプレーを吹いただけならギラギラしているのに、
クリアを上から吹くと...ただの銀色になる..これショック(;;)
結局メッキ調は活かすことが出来ず

と、いうわけで..今回は取りあえず仕上げることに重点を置くことに決定
..まぁ..それしかないか(**)

ポルシェは塗り分けを諦め、メッキ調スプレー単色に戻しました

ステッカー制作:
 ボディにビニールをかぶせてマジックである程度の大きさをバミリます

それをスキャナーで取り込み、サイズに合わせてイラストレーターでデザイン、いつものようにアルプスプリンターでステッカー印刷。 WAVEのステッカー用紙はバージョンアップしてから紙の吸い込みが良くなって助かります。

ZENT多難:
 多少の覚悟はしていたものの、ZENTバックグラウンド模様の貼り付けには弱りました(;;)
このような地道作業、とても苦手で嫌いです

 今回はステッカーの上にステッカーを貼るという重ね貼りにもチャレンジしました。 小さなZENTの上に大きな赤ZENTの部分がそれです。

 グリルはメッキ調スプレーとアクリル塗料の流し込みで作りました。 墨入れと同じ要領です。 しかしアクリルさえはじかれるので、結局はガンダムマーカーで修正しました。


ZENT ZENT ZENT

あ〜〜〜面倒

このようなタイプ、2度と作らないぞと
自分に誓いました(==)

言うわりにはズレズレなのが
お恥ずかしぃ...

オリジナルは楽:

 ポルシェは最初からオリジナル予定なので
参考にするものが無い楽さがあります。

 今回はMINI-Z_THEATERのロゴマークで
採用しているオレンジ&ブルーの絡みで
踊るラインをイメージしました。

レクサスでの余りステッカーも適当利用


トップページ > NICE_BODY > ZENT SC430 2008(なんちゃってVer) & オリジナル ポルシェ962

2008.8.28