#18 大分県・チームピラニアサーキット:2005.6.12

リンクをたどって:
鹿児島のミニッツショップ、カラオケビッグスターさんが大分にミニッツショップを出店するらしいです。
ショップ名はステップアップさんで、仮設サイトはこちら:http://www15.ocn.ne.jp/~bigstar/stepup_top.html

そのステップアップさんの掲示板にサーキットの写真とリンクが書き込まれていました。
そのリンクがこちら、大分県・チームピラニアレーシングさんのサイトです
元々チームメイトとの連絡用に作ったサイトらしいです。
http://my.peps.jp/teampirania

コースはチームのプライベートサーキットのようですが、広くて楽しそうです。
お邪魔できないかな〜〜と、管理人さんにメールを送ったところ快諾していただきまして、
走行会に参加させていただく事になりました。

Racing_Park北九州の遠征隊も選抜メンバーで参加させていただく事になりました。
きっかけの場を下さったステップアップさん、ありがとうございます。

ここでこのコーナーの通例として、遠征地図を掲載するところなのですが、今回はプライベートサーキットという事で
地図の掲載はやめておきますが、北九州から車で2時間半くらいかかりました。

出発恒例:
Racing_Park北九州の遠征隊とは途中で待ち合わせしていたのですが....やはり定刻通りには来ません。
もちろんもちろんもちろん...隊長がさんじゅっぷん遅刻したらしい...やっぱりやっぱりやっぱり(^^;

とにかく出発、この日は特に渋滞にハマル事も無く思っていたよりも早く到着しました。

チームピラニアレーシングさんのサーキットは、管理人のゆきさんが
お勤めの、作業所の2階に設置されてました。

この日は私たちの為にピットまで作っていただいて、
ゆきさんには本当に感謝です。


充電も完了して、早速コースイン。
本日までのコースレコードは11秒77らしいです。

道幅は65cmとのことで、普段走り慣れているRacing_Park北九州の
コースと比較すると、かなり狭く感じます。

コースレイアウトの思想として、一周を回るのに時間が掛かるように
設計されているそうです。

コース部材は吸音材とのことで、壁部分には滑りの良いテープを張られておりました。
この部材はとてもマシンに優しくて、クッション効果が大きくクラッシュによるマシン大破はないようでが、壁との摩擦による塗装剥れは大きいようでした。 路面はパンチカーペットで、グリップ良好です。

作りの良いコースのおかげで滑らかにコースを頼りながら曲がれるため、PS2のグランツーリスモでお馴染の?壁スリ走行が可能なコーナーがあります。 ゆきさん伝=ミニ四駆走りらしいです。 確かに場所によっては恐ろしく快適に曲がれますが、問題は次のコーナーだったりしますし、頼り過ぎもカッコ悪かったり遅かったりします。

気分はイニDのアウト側溝落としって感じでした。

Racing_Park北九州・ブレード選手はF1からスタート。
写真で見ると道幅十分のように見えますが、実際はかなり
大変そうでした。

左に見えるのはお立ち台ですが、その前がスタート地点となります。
このため左奥に見えるのが1コーナーになるわけですが、
ここがチョット恐ろしいです


万が一コースアウトしてしまうと、奈落の底へ真っ逆さまです(^^;
普段コースアウトしてばかりの私は...冷や冷やです..

ちなみにコースは右回りだし、逆周りコースの時でさえ落ちた事は
ないそうです...記念すべき一号になれるだろうか..ハハ


お立ち台の後には計測用のノートPCを設置されてました。
計測はスクワットのラップウィザードです。

しかし次なる計画としてARC導入も検討中とか...
プライベートサーキットであれを導入するとは凄いですねぇ


チームピラニアレーシング サーキット走行風景:mpeg4(約807kb)
※ブラウズにはQuickTime6以降が必要です


窓からは海が見えます。
潮の香りもしてました。

本日は曇りだったので、それほど暑くなかったのですが、
晴天だとかなり暑くなるそうです

インドア空調完備のRacing_Park北九州になれていると、
軟弱度に磨きがかかってしまいますが、空調完備の
サーキットの方が少ないでしょうね


NEXT


トップページ > RUNABOUT_MINI-Z > 大分県・チームピラニアサーキット

2005.6.13