セッティングガイド

ロールダンパースプリング カット後の効果

ロールダンパースプリングをカットして、通常ではスプリングが効いていない状態にして
ピッチング方向への影響を押さえた場合をお伝えします。

リアのグリップについて
スプリングをカットすると、リアのグリップは明らかに増します。
これは、ロールダンパーがピッチング方向へ影響を与えていた証拠だと思います

本来の目的、ロールダンパー効果について
ロールダンパーの効果はスプリングをカットしてもしっかりと感じ取れます。
但し、カット前よりも初期反応が若干悪くなりす。
これはロールしていないときから、スプリングが働いていた時との差だと思われますが
それほど気になりません。

セッティングの簡易度
スプリングをカットすることで、ロールダンパースプリングによるリアのグリップへの影響度は
少なくなりました。
これにより、ロールダンパースプリングは切り返しなどのステアリング反応の調節に的を絞れます。

影響度は少なくなったとはいえ、やはりハードにすればするほど、ステアリング応答性は増しますが
リアは流れやすくなります。
このグリップ調節にピッチングダンパーを使えば良いようです。


トップページ > セッティングガイド