アンテナ位置でノーコン対策
こまっちゃん特派員

ミニッツはよくノーコンになりますよね。
その原因の1つにアンテナ・コードがモーターコードの近くに
あるというのがあります。
その対策としては、インボード・アンテナや、1/10のアンテナを装着という、
方法が紹介されていますが重量が増えたり、せっかくのスケール感を損なったりと、
私自身、あまりやりたくありませんでした。

そこで、もっと簡単にできないかと思いついたのが画像の位置です。
メリットは超簡単、ノイズの影響を受けにくい、アンテナ自体の曲げをしないため、
全長が延びて受信感度が改善できる(と、思う<汗>)、
アンテナが定位置なのでボディー交換の際もアンテナの曲げ加工を必要としない。
などが挙げられます。

デメリットはボディーへの穴あけでしょうか。
走り出せば目立たないとは思いますが・・

元のアンテナの穴はホームコースへ導入予定のスクワットの計測装置用にと考えてます。
いかがでしょうか?ちょっと、紹介に当たらないほどの超小改造ですがおすすめです。


謙遜されておりますが、ノーコン対策は作業自体小改造でも
得られる効果のありがたみは大きいです
これで悩んでいる方が救われるかもしれませんね
貴重な対策方法ありがとうございました


ノーコン対策Ver.2 2002.9.23掲載


トップページ > 特派員リポート