ミニッツアンプをバイクRCへ移植 ターボ装着編
こまっちゃん特派員

2003.7.9 入電:

先日、ターボアンプを装着しました。
予想通り、デッドスペースにうまく収まりました
最高速はタミヤのスピードチェッカーで計測した
ら、大差ありませんでした(笑)

しかし、トップスピードまでの到達時間が早く
なったのと、立ち上がりの加速が良くなった
ため、俄然面白くなりました。

スロットルの動きにスムーズに反応してくれます

以前の書き込みに“路面を選びますが・・”と
書き込みましたが、その後のテスト走行の結果、
荒れたアスファルトでなければ、気持ちよく
走行します

先日は嫁さんの買い物待ちの間に駐車場で走らせましたが、狙ったラインをトレースできると、気持ちがよかったです
サーキットの細粒路面なら、最高に楽しめます!

地元の仲間にサーキットで周回させるところを見せたら、“面白そう!!”ということで、G3Xとライダー1号の
発注を受けました(笑)

これからは私的に便宜上、“ミニッツ・ライダー”と勝手に名づけて布教活動をしようと企んでいます(笑)

で、このバイクなんですが、走行特性が
それぞれのバイクで違うんですよ

例えば、アギトはモーターがミッドシップ
マウントなんですが、G3はマシンの形状
(白バイ風の低シート高)のせいで後部ボックス
あたりにハイマウントされているんですよ

これによって、倒す、起こすの動作にちょいと
クセを感じるんですよ
例えると、アギトは切り返しがレプリカ風らしく、
“ヒラリヒラリ”感に対し、G3は重量級のバイク
らしく、“よっこらしょ!”的感覚があります

これって、メーカーが狙って設計してたとしたら大したもんですね

組長さん、これはホントお勧めです!
今月のRCMを見たら、新製品でバリ伝の巨摩郡仕様とかも発売されるみたいですね


巨摩 郡...知っている方はどれくらいいらっしゃるでしょう?
その昔イニD作者が描かれていたバイクの漫画ですね

やっぱあれも最初は峠を攻めてたなぁ..聖とのウサギとカメバトル..あ〜懐かしい
こまっちゃん特派員、楽しい情報ありがとうございました。
今後ともミニッツバイクカスタマーとして更なる躍進をお祈りいたします(^^)(組長)


トップページ > 特派員リポート