NICE_BODY 久々にアルテッツァ

ミニッツを楽しみ始めた極初期の頃、アルテッツァを愛用していた時期がありました。
MR-01シャーシにLサイズ..当時はその重量バランスに手を焼いた事を思い出します。
思いついたのがLサイズをMサイズへ変換...でしたねぇタイヤの種類も少なかった時代の事です。

 話は変って、私のAWDはドリフト専用と化してます。
ボディは当初JGTCスカイラインなど乗っけておりましたが
やっぱドリフトなら市販車かなぁと思っていた時の事。

ショップでアルテッツァの未塗装ボディを発見して直ぐに購入
そのままガラスパーツのみ接着して使ってみました。

しかし...難しい。 その時はまだリアグリップ調節を
行っていなかったので単にトレッド的なものかなと諦めていました。

リアグリップ確保に関してはこちらをご覧戴くとして、
とりあえずリアグリップ確保の方法は見つかったで、
せっかく購入したアルテッツァボディを、とりあえず
仕上げてみたくなりました。

 さぁどんなボディに仕上げるか? 最初は適当にステッカー
チューンでもという軽い気持ちだったのですが、思いついたのが
グランツーリスモです。

グランツーリスモは私が唯一と言って良いほど楽しんでいるゲームです。

そのGT4に登場するアルテッツァ、これを目指してみようかなと。
モデルは決定しました。 但し..パテなどの細工は無しで、なんちゃって
タイプでいきます。 とりあえず市販車状態と言うことで。

 まずはGT4でコース走行してデータを保存します。
次にGT4より搭載されたフォトモードを活用して
欲しいアングルの写真を撮影しました。

なんとも便利な機能ですねぇ(^^) USBフラッシュメモリに
データを保存、これは指定のメモリーでなくても大丈夫です。
仕様的に当然でしょうかね。 とにかく「前」「後」「横」の3枚を
撮影してプリントアウト、この後の参考データにしました。

塗装:
サーフェイサーを吹いた後、手持に有ったアルミシルバー色の
スプレーで塗装。 さすがに色が明る過ぎるので、どうしようかと
思っていたのですが、なんちゃって..なのでこれでいこうかな(^^;
と、思っていた時に目に入ったのがポリカ用のスモークです。

 ポリカ用のスモークを吹きつけると、取り合えずガンメタっぽい
色合いになりました。 この方法だと濃度がスモークを吹きつける
回数で調節できるので、意外と便利かも!と、思いました。

 今回は2回吹きつけて終了としました。
ここまでで、下地2回+アルミシルバー2回+スモーク2回と、結構な
量の塗料が乗っている事になりますが、ドリフト用なので重量増しは
歓迎ということで気になりません。

ステッカー製作:

 塗装はかな〜〜り適当なので手間もかかりませんでしたが、
今回一番面倒だったのがステッカー製作です。 いつもは
思いつくままに適当なのを適当なサイズで適当に(シツコイ)
作っていたのですが、今回はモデルが有る為、サイズやデザインを
合わせる必要が有ります。

 各メーカーのサイトより参考になりそうなのをダウンロードして
イラストレーターで仕上げました。

リアスポイラー:
 GT4のアルテッツァはかなり立派なリアスポイラーがついてます。
対して標準のままではあまりに寂しいので、何か他のボディから
移植しようかなと眺めていた時、目に入ったのがXMODS用のエアロ
キットです。



 CIVIC用のものなのですが、なんとこのセットに入っていたスポイラーが
アルテッツァのネジ穴とピッタリ合っちゃいました。ラッキー!です。
しかも理想的にブラックで塗られていて手間もかかりませんでした。


 イエロー部分を筆塗りして
基本塗装は完了です。

 残念なのはホイールです。
AWD用のホイールももっと種類を
増やして欲しいですねぇ。

今回はホイールも塗ろうかと思いましたが、
他のボディに替える事も考えて、諦めました。


トップページ > NICE_BODY > AWD情報 > アルテッツァボディ製作

2006.3.30