NICE_BODY
未塗装ボディセット紹介

オリジナルペイントを楽しみたいという要望が多かったためか
車種限定ながら未塗装のボディセットが発売になりました。

COLORsCITY市民・こまっちゃんのご協力により、NSXとベンツを
購入することが出来ましたので紹介します。

左がキットの入っている箱です
箱内の車種を区別できるのは右側面に貼られたバーコードシールのみです
レディセットやオートスケールと比べると、素っ気ない箱に入ってます

こちらはベンツのキット内容です。

ベンツって重いですねぇ...どう料理すべきか
オープン計画に加えるには、あまりにもエアロが派手で...

右奥に見えるチューブは接着剤です。
使う気はないのですが取りあえず開封してみるとプラモデルに付属の
接着剤と同じようなものでした(シンナー臭いんだなぁこれが)

ベンツのマスコットは以前完成品をさわったときにゴムで
出来ているのかと思っていましたが間違っていました。

どうやら軟質のプラスチックで出来ているようです。

ワイパーや他のパーツと比べても色が白いです。
材質が違うという証拠ですね。
さわるとしっかりフニャフニャします(なんて表現だ..)

こちらはNSXです。 ベンツと比べると明らかに軽い。
写真には写っていませんが、接着剤も同梱されています

どちらのキットにも言えることですが、ブレーキランプは塗装されています。
バックミラーのステッカーは残念ながら入っていません。
せめてバックミラー用のステッカーは同梱して欲しいです

それにホイールもついていないので、今までワイドトレッドのホイールを
持っていない方は、ホイールを別途購入する必要があります。

ウインドウパーツは色が薄いです。
右はオープンにするときに切り取ったオートスケール付属のウインドウです。
左がキット同梱の物ですが、透明度が違うことが分かると思います。

持った感じ、キットの物の方が軽く感じるのですが、気のせいかなぁ?
端切れと化したオートスケールウインドウでは比較できませんねぇ
しかし使い道のない、カットしたウインドウを未だに持っている私..
物持ちが良いというかなんというか、だからガラクタが増えるんだろうなぁ

組立説明書も同梱されています。
残念ながらパーツの個別販売は無いようです。
欠品やパーツの破損がないか、組立前にチェックしておいた方がよさそうです。

しかし未塗装ボディを眺めていて、オープンカー製作時にこれがあったらと
つくづく思いました。
分解や塗装剥ぎをしなくて良いだけで、どれだけ楽になることか。

そういった意味でも、未塗装ボディの存在価値はありますね。
経験が無くても、簡単にオリジナルボディが作れちゃいます。

好きな色に塗るだけで、オートスケールよりも愛着倍増です。

このキットの本当の組立説明書はユーザー各人が持っていると思います。
10人いたら10種類のマシンが出来上がるでしょうねぇ。
皆さんもチャレンジしてみませんか。


トップページ > NICE_BODY

2002.8.8