車種別評価情報
ランチャ ストラトス

akiさん:2006.3.14
LホイールベースのMR-Sからの乗り換えなのでクルクル向きを変えられるのでびっくりです。
加工次第でロールバーもつけることができるのでセッティングと慣れで想像以上の走りを見せてくれるボディです。


S30さん:2005.12.12
このボディはすごいです。 クルクル曲がります。 走らせた感じは、MMマウントのコーナリングで安定感が無い感じです。
クイック好きな僕にはかなりいいボディだと思いますが、大柄なボディから乗せ変えるとまっすぐ走らせられないことも・・・
コーナリングはタイヤによってかなり変わりますが、フロントが硬いタイヤの方が走らせやすいと思います。
ピッチングストロークが少ないので、リヤを硬くしないと干渉しまくりです。
車高が高いので、コース復帰がラクですがコースフェンスを乗り越えて、こける事もしばしば・・・
ライトやミラーが破損しやすいですが、ボディ剛性はかなり強いと思います。


ペトリさん:2005.7.7
スーパーカー世代の人には、たまらないボディー。 ボディーだけ買って飾っておきましたが、見ているうちに
走らせたくなって015シャーシを買って乗せてみました。 フロントタイヤはボディーとの隙間が小さくて一番長い
ストッパーが必要です。 ハンドリングはとにかくクイック。小さなコーナーはコマのような感覚ですいすい曲がります。
しかし大きな高速コーナーでは安定感がなく慎重な操作を要求されます。 結局、私はこの特性に手を焼いて
使わなくなりました。 レースをするのでなければ楽しいボディーです。
ミラーとフォグランプは使っているうちにどこかにぶつけて取れてしまいました。
また、ボディーが固く取り外しにはコツが必要です。 ストラトスが好きという方におすすめします。


すえじぃさん:2004.4.1
MR-02RMに搭載しています。 が、ステアリングを100%で切るとボディーと干渉します。
対策としては、MR-01に戻すか、ステアリングの切れ角を60%位にすれば、セッティング次第でちゃんと走ります。
皆さんが言われているように、サーボギヤの破損が気になります。 02ではまだ大丈夫ですが、01の時はサーキットに
行く時はサーボギヤのスペアを持っていました。(下手なので・・・。)
02RMシャーシ、Xモーター、カーボンHバー(ミディアム)フロント40、リヤ30で気持ち良く走っています。


オイルダンパーさん:2003.8.11
ストローク抑制しないとFフェンダーが当たり、減速&アンダーステアが出ます。 ホイールベースが短いだけに
スリッピーな路面では言う事を聞きません。 ミラーが簡単に折れます。 ただ、2柱ミラーなので、片方が折れる
ことはあっても両方折れることはありません。 ピレリカラーの方で最初から装着されているフォグランプですが、
軽い接触で飛びます。 しかし、綺麗に取れるので心配ありません(笑)。 サーボギヤも普通の車種よりは
壊れるようです。 リヤ部のクリアランスが狭く、モーターコードを気をつける必要があります。 ボディのケース剛性が
高く、ボディを外すのにコツが必要です。サイドのボディ形状の関係で他車に突っ込まれると簡単に転がされます。
以上マイナス面ばかりですが、ちゃんとセッティングを取ればSホイールベースを生かした走りが出来、信じられないほど
速く走ることが出来ます。 安定した車に飽きた方にはお勧めです。


PO.RO.RIさん:2003.6.3
私の最初の車でよく分かりませんが、コーナー前の減速を無視するとかなりアンダーが出ます。 焦ったら負けの車ですね。
巷ではサーボが壊れやすいと言われてますが、まだ壊れてません。
あと、フォグランプはキャスター付きの家具なんかにぶつけた時しか取れません。
個人的に唯一の不満は『コイツ本当に中学生かよ』って思われる事ですね。

DEGUさん:
一番始めに購入した車です。シリーズ唯一?のSタイプです。 残念ながら、構造上ロールダンパーが付きませんが、カーボン
リヤサスプレートとリヤダンパーで、調整できます。 Sタイプなのに、ワイドトレッドなので、転倒しにくく、おもしろい
です。 また、リヤの自由度が大きいので、段差乗り越えてジャンプしちゃったときなど、思わぬアクションに感動します。
また、他の人も書いてますがコースアウトしたときなどちょっとした段差なら楽々乗り越えてきて、復帰が楽です。


KenMATOBAさん:
メインインプレ時の走行コースは10年前に建設された1/24・1/12用室内サーキット。
約20畳位の高速コースで路面はかなり粗い特殊舗装でかなりのハイグリップ
(サンドペーパーの80〜100番の使い古しを敷き詰めたカンジ、コケると削れまくる・・・)

比較用に自宅フローリングコース、職場のPタイル、コンクリート舗装でパイロン並べて走ってみたが、
基本的な性格は同じでした。(それなりに操作とセッティング変更をすればOK)
ショートホイルベース・ワイドトレッドに加えてオーバーハングもギリギリに設計されているため、
非常にクイックかつトリッキーな走行、しかし制御不能なトリッキーさではなく、楽しめるトリッキー。

テールが出すぎると超高速で巻き込み出し制御不能なので派手なドリフトには向かない。
ややスライドさせる程度がベスト。
セッティングの方向としては、ショート化で失った直進性を補う事と、リアのタイヤグリップに対して
フロントのグリップをかなり下げてプッシュアンダー方向に。

■注意点
フロントのランプポッド(ラリーライト)は折れやすい上に転倒時に塗装がパリパリ剥げる。
んが・・・、ライトポッドが無くなると何故か走りやすくなる(謎)

ボディ取り付け時にシャーシを前方に押し込んでおかないと、リア部分がモーターコードに
接触したりしますので、キッチリ前方に押し込んでください。

壁面接触などの衝撃でサーボギアに掛かるストレスは大きい。
しかし、フロントスポイラーが無い分、段差乗り越え能力が高く、
1センチ程の段差はスピードを落として通過可能です。(コースアウト時の復帰がラク?)

最大の難点は、若い子達にはまったく判ってもらえないマニアック車種で、子供たちには
ミニ四駆扱いされる事ですね・・・。(;´Д`)
確かに横姿はラジコンボーイ(コロコロ)のスーパードラゴン(これも古いな)に似てますけど・・・・。


(^-^)さん:
ランチャ サイコー!! 車高下げられればサイコー!!
走りは、アンダーとオーバーが交互に顔をだし、非常に違和感がある。


maruenさん:
初めて購入したミニッツです。 その後に購入したボディと比べると、とても小回りが利いて、
尚且つリヤがワイドなので安定感もそこそこあると思います。
ただ、ライトパーツは買ったその日に折れました。 後、1度サーボギアも壊れました。
オーバースピードでハイサイドを起こしても転がってすぐに復活します。


情報フォーム お手持ちのマシンの情報をお待ちしております


トップページ > 車種別評価情報