車種別評価情報
ランボルギーニ カウンタックLP400

だだだださん:2006.10.3
MR−015(RML)での感想です。
極めて軽量、低い全高、前後オーバーハングが短いなどの好条件が揃っています。 そのため、リアタイヤが
スライドした場合でも、スピン手前で立て直しがしやすいです。 エンジンフードが低いため、ピッチング
ダンパーの装着はできません。 サスプレートのみでもまあまあ行けますが、ロールダンパーを入れると
S字やクランクを軽く抜けられるようになります。 クラシックタイヤが標準ですが、どうやら材質=グリップが
2種類あるようで、注意が必要です。 タイヤの内側(裏側とでも言いますか?)に、左右を分割するように
スジ(成型バリのような感じ)が入っているものは高グリップです。 スジが無いものは低グリップです。
パーツ売りされているクラシックタイヤは、スジあり高グリップです。 スジありのグリップレベルは、
ラジアルでの40°くらいです。 スジなしは、おそらくドリフトタイヤくらいで、オートスケールに付属の
スリックより滑ります。


情報フォーム お手持ちのマシンの情報をお待ちしております


トップページ > 車種別評価情報