ミニッツF1 トーインタイロッド装着

ミニッツF1用オプションパーツ、
タイロッドセット(MFW07 \500)を装着しました

-0.2mm/-0.4mm/-0.6mm の3本セットになっています
これを装着するとそれぞれ1°、2°、3°のトーイン角度を
つけることが出来ます。

メリット:
トーインをつけると直進安定性が増し、トー角を調節することによりステアリング特性を変更することが出来ます。

ちょっと分かり辛いと思いますが、タイロッドの端にサイズが
ついているので(写真はー0.6)何度のタイロッドか簡単に
区別できるようになっています。

交換作業:
サーボボックスを全てばらす必要のあるミニッツと違い、F1はシャーシーそのものがサーボボックスに
なっているので、交換作業は楽です。
ここでは私がやっている作業方法をご紹介しますが、パーツ破損の心配な方は両方の前輪を外すことをお奨めします。

バンパーとタイロッドカバーを外す:

バンパーを外した後、矢印部分のビスを外してカバーを取ります。

片方の前輪を外す:

キングピンについているプラスチックリングを外します。
このリングは取り外し用の穴がついているので便利ですね。

キングピンを抜きます
組み上げるときはキングピンオイルなどの潤滑剤を塗布しましょう

タイロッド部を支点に回すようにすると簡単に外れます
バネを飛ばさないように注意しましょう。

タイヤ、バネ、キングピン、プラスチックリングは
組み上げるまで無くさないように保管しておきます。

 タイロッド交換作業へ


トップページ > オプションパーツ装着ガイド
オプションパーツセッティングガイド