#07Racing_Park_北九州:

2004年9月12日、京商さんがショップレースに参加するKYOSHOミニッツチャレンジがRacing_Park北九州にて開催されました。
京商さんがこうしたミニッツのショップイベントに参加するのは初の試みらしいです。
有意義なイベントになれば、今後全国各地でも開催される可能性が出てきます。

そして今回の企画の目玉は京商さんの代表ドライバー(一応ポスターではワークスと謳って有る)に勝てば景品が貰える事になっています。
今回京商さんの代表ドライバーは東野選手です。
選手といってもいただいた名刺にはR/C営業本部 商品開発グループとなってます。
そう、東野選手は開発の方でドライバーは本業ではないらしいです。...と、ご本人のために記しておきましょう(^^;

東野選手は前日入りして、Racing_Park北九州コースで練習走行をされたそうです。
そしてその時集まっていた会員との模擬レースではAメインに入れなかったらしいです..
それでもAM基板で8.4秒前後のベストラップを出していたと聞きますから、かなりの腕前なのではと思います。
私は前日行く事が出来なかったので、東野選手がどんな走りをしていたのか、残念ながら見る事が出来ませんでした。

ゲートオープンは9時ですが、私が9時頃到着するとすでに多くの方がピットテーブルにつき、待機しておりました。 いつもなら朝の練習走行が行われているのですが、今日は走行してはいけないらしい..

それにレギュレーションはミニッツカップ準拠なので、電池はアルカリ電池を使用します。 なのでいつもレース前に見る充電風景は無く、皆さんいくぶん時間を持て余し気味の様子でした。 本コースに設けられた特設ピットの真ん中が京商チームのピットテーブルです。


そのピットテーブルで発見!
BMWです。

シャーシはMR-02MM、トレッドはナローです。

しかしカッコよいです。
写真では分かりませんが、屋根はカーボン調になっています。


フェンダー後部の刻印など細部の作り込みは東野選手が自慢するだけ有って、良くできていました。
「ボディは中国で作ってますが、中国の方の技術はスゴイですねぇ」と言われていました。 さらに、このボディ開発のおかげでしょっちゅう中国に行っているとか...お疲れさまです。 おかげで私たちファンは楽しませていただいております。(^^)

車検:
車検は京商東野選手が行いました。
ミニッツカップ準拠ですが、まぁ今回は多少甘めに見ていただいてます。

「ミニッツカップの時はこれはダメですよ..今日はいいですけど」なんてカップ車検のアドバイスや多少の笑いも含めつつなごやかムードでテキパキとチェックされてました。

エントリーフィー:

同時進行でエントリーフィーの受付を行ってます。
本日の参加費用は月例と同じく2,000円です。


計測システムを設定中のR.P.K.48さん。
進行役も何かと大変です。

立っているのは今回徳山より単独で乗り込んできた梅茶碗選手
前日から泊まりで練習しており、体制は万全か!

NEXT


トップページ > RUNABOUT_MINI-Z > KYOSHOミニッツチャレンジin北九州

2004.9.12