NICE_BODY
ブレーキ電飾で復活 CLK-DTM2002

ブレーキ電飾とは:
電飾チャレンジに掲載させていただいております、10バンドおやじさんオリジナルのスロットル操作連動電飾です。
スロットルONでブレーキランプが暗くなり、テールランプ動作になります。
スロットルOFFにすると、あたかもブレーキランプが作動しているかのように、テールランプがカッと光度を増します。

スロットルの状態はモーターに流れる電圧を利用しています。

今回もいただきものです:
以前ご紹介させていただいたパトランプ電飾の時に予告して
おりました、ブレーキ連動電飾です

今回の電飾パーツも10バンドおやじさんのご好意により
オリジナル基板を使用した完成品を頂いた物を使用します

ちなみに左写真のLEDは高光度タイプの赤色LEDということで
直視すると残像がしばらく残るくらい眩しいらしいです

基板上に有る二つの可変抵抗器は下記の調節を行います

  • テールランプ時(走行中)の明るさ調節
  • ブレーキランプ点灯タイミング調節

尚、ブレーキランプ時の明るさは、基板上に有る抵抗を交換することにより行います


接続は左2本の線へLEDを、右の3本中赤と黒は電源へ、
写真では見にくいですが真ん中の白線はアンプのモータープラス端子へ
モーターの線と共に取り付けます。

ボディを外す時にはモーター端子の取り付けネジを緩めて、白線を
付け外ししなければならないので、不要になったモーター端子の
先端をカットした物をハンダ付けしました。

これでモーター端子へ挟み込みやすくなります

LEDの紹介:
世の中多種類のLEDがありますが、今回ブレーキに
使用するのは、これまた10バンドおやじさんに頂いた
チップタイプLEDです。

写真左から
チップ型白色_2V着色タイプ_3.6V白色

このチップタイプ、いかに小さいか分かりますよね

コンバットデジQをお持ちの方でしたら、砲撃を
受けた時に光るLEDといえば、分かりますよね。
PC自作派の方ならマザーボード上で見かけるかな。

復活の意味:
ミニッツボディとしては2代目となるベンツボディですが、
その軽快な走りをと〜〜っても気に入っておりました。

しかし...軽快さと引き換えに顔面は薄く...
割れやすいようです。
等価交換の原則..む〜〜鋼の錬金術師みたい..
リンクは今現在の物です

とにかくこのブレーキ電飾を機会にベンツを
復活させる事にしました、
顔面はキレイに割れていたので、割れ目にプラスチック用瞬着をつけて、張り合わせました。
これだけで、遠目には気にならない程度になったので、最後に補強して完了とします

では電飾改造開始です

ブレーキランプ搭載:
ベンツのテールランプは電飾に不向きな形状をしております

LEDを仕込む穴が無いのです
リアブレーキのクリアパーツを外すと写真のように
銀色を塗ったボディ部分が現れるだけです

開口:

そこで先ずはリアブレーキランプを仕込めるように、
穴を開けます

幸い段差がついていたので、その段差にそって
Pカッターで削った跡、デザインナイフで穴を
開通します。

矢印部分はクリアパーツをはめる為の穴なので
この部分は段差を避けて、少し内側を切ることに
しました。


トップページ > NICE_BODY

2003.11.24