2004'スクワットGP 北九州

#07Racing_Park_北九州:2004年10月24日(日)

★〜〜 約束 〜〜★

京商参加のKMCも無事に終わった9月17日の事、
ワシはいつものごとくRacing_Park北九州にて、
一人ミニッツ走行を楽しんでいた

しかし組超組時無所コーナーでもないのに出演しなくてはならんとは、
ワシも忙しくなったものだ..


スローミニッツな一時を過ごしている時、
一人の営業マンがRacing_Park北九州にやって来た

彼こそスクワットの(E)マン、タケチ氏である。

ちなみにタケチ氏の髪形スクワットヘアーは、
ロゴからいただいた物です

が、決して実在の本人がスクワットヘアーをしているわけでは有りません(^^;当然当然


しばらくしてR48から声がかかった。

「組超〜スクワットがオモロイもん持ってきてるぞ!」
というR48に見せてもらったものは、スクワット製ターボアンプだった。

ちなみにR48君は眼鏡をかけていたのだが、最近色気づいたのかコンタクトなど使い始めたので、眼鏡はかけなくなりました。 なので書きわすれている訳ではないです

スクワットヘアータケチ氏は自慢気に語った。

「当社のターボアンプは01アンプはもちろん02のブレーキアンプにも搭載可能です。 さら〜〜に!AD基板にも搭載OK!というすぐれ物です」

その基板、現在は試作段階という事でサイズが大きめだったが、製品では小型化するという...うううう欲しい..

「今これ走ってみていいッスか?」と言う問いに快く「ど〜ぞど〜ぞ」と了承してくれたので、早速テスト走行する事になった

ADシャーシに搭載されていたので、テストはR48のヘリオスを使って行った。

期待して見守る中、テスト車両は2周程度で...止まった...
コ...コメント出来ねぇ..

後日聞いた話では、FETが逝ってしまっていたらしい。

テスト走行は散々な結果になったが別件でイベントの話もまとまっていたらしい。
それはスクワット参加のイベントレースを開催しようという話だった。
スクワットには特にワークスがいるわけではないので、スクワットの運営しているコースに来られている常連さんでチームを作って参加するというのだ。

いつになるかは分からないけど、また楽しみは増えたなと思った。
スクワットヘアータケチ氏はターボアンプリベンジも含めて「また来ます」と言って帰っていった。

そして1ヶ月後、いつになるかは分からないと書いたものの、翌月の月例レースに参加する事になったらしい。
なので急遽月例レースはスクワットグランプリと銘打って開催された。

NEXT


 スクワット

トップページ > RUNABOUT_MINI-Z > スクワットGP

2004.10.25