ミニッツカップ2004'inソラリアプラザ 一般開放日:2004.11.11

ミニッツカップとはミニッツのメーカーである京商さんが開催するミニッツレースです。
第一回である去年は本州でのみ予選が行われていたので、参加すら出来ずに寂しい思いをしていたミニッツファンも多かった事と思いますが、本年度のミニッツカップから北は北海道、南は九州にてミニッツカップの予選が行われるようになり、本当の意味での全国大会が催される事になりました。 結果はどうあれ、参加できるという事はファンとしてとても嬉しく思います。

すでに2004年度の予選も8月15日に関東予選、10月10日に札幌予選を終えており、11月14日に開催される福岡のソラリアプラザが3戦目になります。

札幌大会からコースが京商純正のウレタンコースになりました。
福岡でも札幌大会のままのコースレイアウトで、ウレタンコースを使用しております。

Racing_Park北九州としては睨んだ通りのコース展開になり、コース導入が無駄にならずにホッとした事でしょう(^^;
ウレタンコースは独特な部分が多いため、経験しておくのはかなりプラスになりそうです。

今回11月14日のレース当日前に、練習できる日が3日間有ります。 その初日、11日に早速偵察に行ってきました。

コースはソラリアプラザ1Fのだだっ広い通路に設置されています。 ソラリアプラザに入って直ぐの所にコースがド〜〜ンと置いて有るため、かなり目立ちます。

KMCin北九州でお会いした村Eさんを発見(^^)

コース幅は思ったよりも狭く感じ、クランクの塊のようで走りにくそうに思えましたが、実際に走行してみるとコーナー間が長く、とても楽しいコースでした。

余りの楽しさに私の車はバク宙を繰り返してましたから(^^;

とても気になったのはストレートに貼られたガムテープです。
このテープはとても滑ります

これは改善すべきところでしょうねぇ..
ストレートでテープ上を走っている時に外へ持ち出そうとするとズルリと滑ってしまいます。

まぁ、腕のある方なら最初から外へ持ち出しておくので、問題無いのかもしれませんが、修正ばかりの私などかなり気になる部分でした。


それから光線状態ですが、入り口付近のフロアに設置されており、ドライバーは外を向くような方向で操作します。
路面が黒く、その対比上、外の明かりが眩しく感じます。

実際フロアの反射光が気になりました。


開放日のスケジュールです。

体験走行とマシン持ち込み走行が1時間交代のスケジュールで組まれております。
持ち込み走行が練習走行になるわけですが、バンドがかぶらず走行する方が少なければ1時間ぶっ通しで練習できます。

本日は平日という事も有り、練習にこられている方は少数でした。
一番多いのは土曜日である決勝前日でしょうねぇ..私は私用で行く事が出来ませんが..残念

電池は100V電源が用意されていないので、充電済みのニッケル水素かアルカリ電池での練習走行となります。

本日ただひたすらレイアウトに慣れるべく走ってました。
後はレース当日の2分の練習走行のみ..大丈夫かな??(^^;

ピットテーブル:

ピットテーブルはコースの両サイドに数卓あるだけです。
このためレース当日は交代で利用する事になっています。

しかもこのテーブル、消防法とかでイスがありません。
皆さんピットテーブルに中腰での作業は辛そうでした。

レース当日に自分のテーブルを陣取れないのはちょっと寂しいですね

平日の割には体験走行をされている方も結構いらっしゃいました。
新たなミニッツファンが登場してくれると良いですね。

NEXT


トップページ > RUNABOUT_MINI-Z > ミニッツカップinソラリアプラザ

2004.11.11